BLOG薬剤師日記

ABOUT学校薬剤師会とは

学校薬剤師は、世界でも日本だけに存在する制度で、昭和33年制定の「学校保健法」(現:学校保健安全法)によって定められました。
こども園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校に至るまで、大学を除く国立・公立・私立すべての学校において任命委託されています。
学校における環境衛生の向上を図り、薬剤師として子どもたちの健康増進に寄与します。

京都市学校薬剤師会では、園児・児童・生徒・・・すべての子どもたちの「快適で安全な学校環境」をつくるためにさまざまな活動をしています。
各種勉強会、セミナー開催、情報交換など、常に新しい知識と正しい情報を会員と共有し、より安全で安心な学校環境作りを目指しています。

WORKS学校薬剤師の仕事

学校と一緒に「学校保健計画」と「学校安全計画」を作成し、それらを基に「学校衛生環境」に関するさまざまな検査・点検・アドバイスなどを行います。

主な検査・点検として、教室の照度や空気などの調査、飲料水・プールの水質や設備の検査、給食施設や設備などの衛生検査、理科室・保健室の薬品管理などがあります。
また、健康相談や保健指導、薬の正しい使い方をはじめとする薬物乱用防止教育、未成年の喫煙や飲酒の防止などの啓発活動も行います。